中性脂肪の数値を下げるには脂肪を燃焼させ基礎代謝をアップさせよ

中性脂肪の数値に影響をあたえるストレスを管理するコツ

中性脂肪の数値を下げるためには、ストレス
対策というのが欠かせません。そのストレス
対策の基本は睡眠にあるといわれています。

 

不眠というのはイライラの原因となります
のでストレスを蓄積させてしまい、体を
不健康にしてしまう恐れがあります。

 

だからこそストレスを解消するには熟睡
ができる環境を構築することが大切に
なってきます。

 

睡眠というのは、交感神経と副交感神経
という自律神経の影響を受けています。

 

夜は副交換新家9位が優位になり、朝は
交感神経が優位になります。
しかしストレスが強くなると、夜でも
交感神経が刺激されてしまい、熟睡
できなくなるということがあります。

 

ですので心身ともに健康に保つには
なんとしてでも熟睡するための環境の
構築に努める必要があります。

 

実際に熟睡するために私自身がどんな
ことに注意しているかについて解説
します。

 

まずは、就寝前にテレビやゲームや
インターネットを見るというのを
ストップすることです。

 

これによって頭が覚醒してしまい
眠気がなくなってしまう恐れがある
からです。

 

そして枕の高さに注意をするように
しています。高さが低すぎても高すぎ
ても首を痛め、熟睡できなくなって
しまうからです。

 

また重たい掛け布団というは睡眠中
に寝返りを打つことがしにくくなる
ので体に負担がかかります。

 

できるだけ軽いものを選定するよう
にしましょう。

 

さらにアルコールにも要注意です。
アルコールを飲むと脳が一時的な
麻酔状態になるので、たとえ睡眠を
とったとしても疲れが残るという
ことがあります。

 

また就寝直前の食事は控えるという
ことも大切です。食後2時間以内に
寝ると、体内で消化活動が継続
して眠りが浅くなるといわれています。

 

ですので空腹状態にしてから就寝する
ようにしましょう。

 

また喫煙もよくありません。これによって
血圧が上昇してしまい、心拍数が上昇して
興奮状態に陥ることがあります。

 

これらの生活習慣に気をつけるだけでも
中性脂肪の数値を正常化することは
可能ですので頑張って実践しましょう。